歯磨きに欠かせないアイテム

このコラムをシェアする

磨くタイミングを覚える

朝と夜だけ磨いている人は、まだ歯磨きが足りません。
歯磨きは1日3回が基本で、昼食の後も必ず磨いてください。
医師に正しい方法を聞くと、そのように言われると思います。
外出している時でも磨けるように、歯磨きセットをカバンの中に入れておくと良いですね。
また間食をしないことも、口内環境を維持すること繋がります。

食べ物を摂取してから放置していると、口内に汚れが溜まってしまいます。
虫歯菌が繁殖する原因になるので、なるべく間食を控えてください。
どうしても間食したかったら時間を決めて、食べ終わったら食後と同じように歯をしっかりと磨きましょう。
虫歯や歯周病などの病気にならないよう、口内に汚れが溜まらない状態を作ることがコツです。

歯ブラシを探しに行こう

自分にはどのような歯ブラシが合うのか考えて、購入してください。
医師に相談すると、おすすめの歯ブラシを紹介してくれると思います。
口が小さい人は、ヘッドが小さい歯ブラシを使いましょう。
また毛先が柔らかい歯ブラシだと、口内を傷つけることがありません。
刺激が少ないので、子供にもおすすめされています。

そして、持ち手にも注目してください。
握りやすいように工夫されている歯ブラシが多いので、探してみましょう。
お店に、持ち手が細くなっていたり、少しカーブしたりしている製品があります。
カーブしている歯ブラシは奥までしっかり届き、隅々まで歯を綺麗に磨けます。
その人によって歯ブラシとの相性が変わるので、積極的に試しましょう。